HAReLifeとごし鍼灸整骨院です。

当院は交通事故治療にも強く特化しております。

今回は整骨院での交通事故治療のポイントと、当院の交通事故治療における強みを書いていきますね。

慰謝料について

整骨院では、整形外科で受けられるような検査(レントゲン・MRI・採血など)や治療は受けられませんが、マッサージや固定で怪我の痛みを除去する治療を受けることが可能です。 通院による精神的苦痛に対して支払われる慰謝料として、通院慰謝料があります。整骨院に通院した日数については、病院の医師から指示があった等、整骨院での治療の必要性がある場合には、通院慰謝料の算定の基礎となる実通院日数に含めることができます。 基本的には、整骨院の通院も認められれば、病院に通院した場合と計算方法は変わりません。

整骨院に通院した際の慰謝料の計算例)
自賠責基準
自賠責基準での通院慰謝料は、
* ①通院期間
* ②実通院日数×2
上記の少ない方の日数に、4200円をかけた金額になります。通院を開始した日から治癒・症状固定した日までの期間を「通院期間」と言い、1ヶ月=30日とします。例として、「通院期間6ヶ月(180日)・実通院日数90日」の場合を計算してみます。
* ①通院期間⇒180日
* ②実通院日数×2⇒90日×2⇒180日
①・②ともに日数は180日であるため、180日に4200円をかけます。 ⇒180日×4200円=75万6000円が、今回の例における通院慰謝料の金額になります。
ただし、自賠責保険は、保険金額に120万円の上限があり、治療費、休業損害、通院交通費、慰謝料、その他費用を含めて120万円になりますので、その他の費用がかさむと、計算ほどは通院慰謝料を獲得できません。

弁護士基準
弁護士基準での通院慰謝料の算定は1日最大9000円強の慰謝料が算定されます。
通院のみ6ヶ月の場合は通院慰謝料の金額は、約90万円程度になると予想されます。当院では慰謝料の増額交渉を行う場合は法律事務所への相談をオススメしております。
また、その際にご自身の所有する車、(単身の方はご実家のご両親の車でも可能)、ご自宅の火災保険に弁護士費用特約が付いているか確認しておきましょう。弁護士費用特約により法律事務所に依頼した際の報酬が弁護士費用特約より算出されますので手もとに残る慰謝料も増額します。

【HAReLifeとごし鍼灸整骨院の強み①】平日朝10時〜夜22時まで受付をしております。大事な通院機会を失う事がありません。
当院は五反田・戸越の整骨院で一番夜遅くまで受付を行なっております。それにより忙しくてなかなか通院出来ない方も通院しやすい環境が整っております。

【HAReLifeとごし鍼灸整骨院の強み②】交通事故案件において実績のある法律事務所と提携をしております。
当院は交通事故に特化した法律事務所をご紹介可能です。相談料は無料ですので安心して相談していただけます。

整骨院への通院で請求できる補償の種類
整骨院に通院した場合、実際にかかった治療費を請求できます。 また、通院に要した交通費(通院交通費)を請求でき、被害者が子供の場合や歩行が困難である方の場合等、誰かに付き添ってもらうことが必要であると認められる場合は、誰かに付き添ってもらった費用として、通院付添費も請求することができます。 その他、通院のため仕事を休み、収入が減った場合は休業損害を請求できます。

整骨院の治療費を慰謝料請求を行うために注意するポイント
整骨院に通院する場合、事前に注意をしておかないと、通院慰謝料や治療費を支払ってもらえない、後遺障害等級認定を受けられないといったトラブルが後に生じる可能性があります。トラブルを防ぐための、整骨院へ通院する際の注意点です。

【注意点1】病院(整形外科)に定期的に通院する。整形外科の医師に相談し整骨院通院の了承を得る
整骨院に通院する際は、病院(整形外科)の医師に相談し、整骨院に通院することについて、了承を得ておいた方が良いです(口頭でOK)。医師によっては、整骨院への通院に対して肯定的ではない場合もあり、そのような状態で整骨院に通院してしまうと、トラブルになる可能性があります。医師との関係が良好でないと、保険会社から治療費の打ち切り・症状固定の打診をされた際や後遺障害等級認定の際等に、症状について理解がなされず、不利になる可能性が高まる事もあります。
また、病院の医師に、診断書に「柔道整復師(=整骨院の先生)による施術が有効」である旨を書いてもらえば、整骨院での治療の必要性が認められ、保険会社から整骨院に通院したことによって生じた通院慰謝料や治療費の支払いを断られるというトラブルを防ぐことができ、示談交渉を有利に進められます。

定期的な病院(整形外科)への通院も大切です。 整骨院では、病院で受けられるようなレントゲンなどの検査は受けられません。診断書は病院の医師のみが書くことができます。それにより交渉も有利に進められます。整形外科に通院していない場合や医師と連携がとれていないと後遺障害等級認定の際に必要な後遺障害診断書が書いてもらえないため、後遺障害等級認定を受けることができなくなってしまいます。

【HAReLifeとごし鍼灸整骨院の強み③】提携している整形外科がございますので安心して治療を継続していただく事が可能です。
まず当院に受診していただいた後に戸越近辺にある提携先の整形外科への紹介状を作成しますので、そちらを持参し医師の診察を受けていただく事が可能です。

【注意点2】 整体院では慰謝料や治療費は出ません。
「整骨院」と名前も似ていますが、「整体院(カイロプラクティック)」に通院しても、通院慰謝料や治療費は支払われませんので、注意してください。 整体院(カイロプラクティック)は、整骨院の柔道整復師といった国家資格は必要なく、無資格で開業することができるので、治療とは認められず、保険適用はなく、通院慰謝料や治療費は支払われません。

まず交通事故に遭われた場合は上記のことを念頭において治療を受ける必要があります。

ルールやポイントを知らないと、まだ痛みが残存しているのに治療が終了してしまったり、満足いく慰謝料が得られない場合もあります。

交通事故でお困りの際はHAReLifeとごし鍼灸整骨院へご相談ください。

【鍼灸治療をご希望の方は戸越にあるHAReLife(ハリライフ)〜とごし鍼灸整骨院〜へご相談ください】
鍼灸治療・美容鍼灸・交通事故・労災・各種健康保険適応
『むちうち、交通事故治療、仕事中の怪我(労災)、腰痛、肩こり、寝違い、美容
鍼、骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、肘内障』など何でもご相談ください♪

品川区・五反田・戸越近辺で交通事故・むちうちでお困りの方は「HAReLife〜とごし鍼灸整骨院」へご相談ください。
治療、賠償、医療の面でさまざまなアドバイスが可能です。
また保険会社と揉めてしまっている場合は法律の専門家をご紹介可能です。
どのような事でもご相談ください!
また医師の診察が必要な場合は連携している整形外科にご紹介する事も可能です。

【HAReLifeとごし鍼灸整骨院】
住所:東京都品川区戸越2–4−2−フェリースカーザ1階
TEL:03−4405−2170
〈受付時間〉
月曜日〜金曜日 10時〜22時(休憩時間なし)
土曜日・祝祭日 10時〜17時(休憩時間なし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です