HAReLifeです。
膝の痛みに関して書いていきます。

膝痛の原因にはさまざまです。
スポーツによって膝に大きな負担がかかったり、半月板や軟骨が損傷したりといった場合には膝に炎症が起こり痛みが発生します。また、加齢や病気の症状が膝の痛みの原因になることもあります。

【膝の痛みの原因とは】
若年の方と中高年の方では考えられる原因が異なります。
若年層はスポーツが原因となって膝に痛みが生じることが多いです。
膝に継続して大きな負担がかかると膝に炎症が起こります。
中高年層の場合は加齢による半月板や軟骨の劣化などによって変形性膝関節症が発症し膝の痛みの原因となる事が多いです。

【スポーツと膝の痛みは関係している】
膝の痛みの原因になり得るスポーツとして、柔道やサッカーなどのコンタクトスポーツ、またバレーボールやバスケットボールといったジャンプや着地動作を頻繁に行うスポーツも膝に大きな負担がかかり、膝の痛みの原因になることがあります。
スポーツによって膝に過度の負担がかかると、靱帯損傷、半月板断裂や軟骨損傷などを生じ、膝痛が現れます。初期の段階で適切に対処しなければ、膝の機能に影響が残ってしまうこともあります。

【膝の痛みの場所と原因】
膝の痛みは、関節の内側が痛むか外側が痛むかによって考えられる原因は異なります。

【膝の内側が痛む場合】
膝の内側が痛む原因は、内側半月板や前十字靱帯、内側側副靱帯の損傷などが考えられます。また、スポーツをされる方などに起こりやすいという鵞足部(がそくぶ)
の炎症によって膝の内側が痛むことがあります。
※鵞足部:膝の下にある脛骨の内側の部分で、縫工筋(ほうこうきん)
薄筋(はっきん)
半腱様筋(はんけんようきん)という筋肉が付着している部分。

【膝の外側が痛む場合】
膝の外側が痛む原因は、外側半月板や外側側副靱帯の損傷などがあります。また、腸脛靱帯と大腿骨の摩擦によって炎症が生じる腸脛靱帯炎の場合、膝の外側に痛みが現れます。腸脛靭帯炎=ランナーに多いのでランナー膝とも言います。
※腸脛靱帯:大腿四頭筋の外側に位置し、腓骨(すねの外側の骨)に付着する長大な靱帯。膝関節の安定性に関わっている。

【腫れが伴う場合】
膝の痛みに腫れが伴う場合には、膝に関節滑液や血液がたまっている可能性があります。膝の腫れの原因として以下の病気が考えられます。

【関節リウマチ】
関節リウマチとは、免疫のはたらきの異常により関節内滑膜に炎症が生じる遺伝が関与する病気です。若い方から高齢の方まで、年齢問わず発症する可能性があります。
関節リウマチの症状として、膝が炎症を起こすと、痛みに伴って膝に腫れや熱感がみられます。

【特発性膝関節内血腫】
なんらかの原因で膝の内部にある滑膜の血管が切れて出血し、血液が膝の内部にたまる特発性膝関節内血腫は、膝の痛みに伴って腫れがみられます。出血量が多い方ですと、100ccくらいの血液が膝にたまっていることがあります。はっきりとした原因は不明です。

【半月板損傷】
膝の半月板が損傷すると、関節滑液がたまって膝が腫れる場合があります。
半月板損傷の原因には、スポーツによる外傷や加齢による劣化などが挙げられます。重症になると、切れた半月板が関節内で引っかかり膝が動かしにくくなることもあります。(ロッキング現象)

【変形性膝関節症】
変形性膝関節症は、加齢に伴って膝関節の軟骨や半月板が劣化することで起こる病気です。進行すると、膝の曲げ伸ばしが困難となり、膝の変形が起こります。また、外傷が原因で起こる二次性変形性膝関節症もあります。

【HAReLifeとごし鍼灸整骨院での膝痛対処法】
痛みが現れた時期と経過、どの場所がどのように痛むのかを細かく問診し、症状に合わせて適切な処置を行います。
当院では状態により処置の方法が変わってきます。炎症が強い場合はアイシングを行い、自然治癒力を高める微弱な電気を流します。場合により簡易的なギプス、テーピング、包帯固定を行います。
また原因として筋肉の硬さが強く痛みが出ている場合は鍼灸はもちろん、超音波、電気治療を行い状態によりテーピング、包帯固定を行います。鍼灸治療は症状に対して効果的であればご提案させていただいております。
また膝と足周り(外反母趾・扁平足など)のアライメントによりテーピングや固定方法が変わってきますので、こちらも詳しくご説明させていただきます。
また医師の診察によるXPやMRIなどの画像検査の必要があると判断した場合には提携している整形外科をご紹介させていただく事も可能です。
当院は専門医のご紹介まで責任もって行なっております。
また痛みを感じた段階で適切な処置を行わなければ、一時的に痛みが治まっていても、数年後に再び痛みが現れることがあります。膝の痛みの原因をきちんと把握して、初期段階で治療を受けるようにしていきましょう。

【鍼灸治療をご希望の方は戸越にあるHAReLife(ハリライフ)〜とごし鍼灸整骨院〜へご相談ください】
鍼灸治療・美容鍼灸・交通事故・労災・各種健康保険適応
『むちうち、交通事故治療、仕事中の怪我(労災)、腰痛、肩こり、寝違い、美容
鍼、骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、肘内障』など何でもご相談ください♪

品川区・五反田・戸越近辺で交通事故・むちうちでお困りの方は「HAReLife〜とごし鍼灸整骨院」へご相談ください。
治療、賠償、医療の面でさまざまなアドバイスが可能です。
また保険会社と揉めてしまっている場合は法律の専門家をご紹介可能です。
どのような事でもご相談ください!
また医師の診察が必要な場合は連携している整形外科にご紹介する事も可能です。

【HAReLifeとごし鍼灸整骨院】
住所:東京都品川区戸越2–4−2−フェリースカーザ1階
TEL:03−4405−2170
〈受付時間〉
月曜日〜金曜日 10時〜22時(休憩時間なし)
土曜日・祝祭日 10時〜17時(休憩時間なし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です